January 09, 2017

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。
本年も信じる道を突き進み、より高みを目指していきたいと思います。

ダンスクラスは1月12日(木)より再開です。

投稿者 Taka : 02:37 AM | コメント (0)

August 04, 2016

最近の事もろもろ

ここ数か月、良いこと悪いこと谷から山まで怒涛のようにあり、人生とは何だろうとか、自分が今まで大切にしてきたこととは何だろうと考えていました。

良いことは、まず指導法の新しい切り口、常に更により良い切り口はないかと試行錯誤してアップデートしてきており、よりインタラクティブになってきていると感じて、目に見える成果にもつながってきていること。
レッスンしている生徒数名は確実にRiverdanceのサマースクール等にも問題なく参加できるスタンダードになってきていて、実際に参加していること。

リバーダンス、実際のツアーメンバーとなるには技術、精神、体力、その他様々な難関があり難しい事なのですが、この夏のサマースクールはリバーダンスを見て始めたいと思った人は、良い経験になるかなと思います。

また、主宰ショーのDancing Beatに出演を快諾してくれた、元リバーダンス主役ダンサーのクレイグ・アシューストさんが自身のダンスアカデミーをアメリカで起ち上げするということを聞き、サプライズでコネチカット州のスタジオオープン時にお祝いに行きました。

Ashurst Academy of Irish Dance
http://ashurstirishdance.com

本当に驚いてくれて喜んでくれて、ああ、やっぱり来てよかったなと思いました。

実はこの時期の少し前に、自分自身、長年教えてきて、ダンス以外の仕事の斡旋もして、ステージに早く出られるように特別に指導してきたダンサーから不義理をされてしまい、酷くがっかりしていたのです。そんな時にこの話を聞いて、やはり直接会って祝福したい気持ちが強くなり、その気持ちを大切にしたいなと思い、急遽コネチカットまで行くことになりました。
こういうことは残念ながら人には教えられないけど、自分にとっては大切にすべきことだし、これからもしていきます。
自分は豊かな波動を出していきます!!

また、それに合わせ、ちょうど大リーグのイチロー選手が3試合で10本のヒットを打っていたと日本のニュースで聞いていた時期で、私と同じ年齢であるイチロー選手の試合前の準備や試合に臨む姿勢など直接見てみたいと思い、好調時の今なら少しは試合出場のチャンスがあるかもと思い、マイアミまで急遽遠征し、同じ空間を共有してきました。観に行った試合がちょうどスタメン出場、延長に入った関係で6打席観れて、2本のヒット、2つの好捕、1盗塁で日米通算700盗塁という記憶に残る試合となりました。
実際は活躍ぶりを見ていたというよりも、守備で1つのアウトを取る合間でのストレッチや、守備から戻ってくるところの走りなどを見てました。
ベンチの真上の所から観ていたのですが、現地のイチローファンで3000本までのカウントダウンTシャツを自作して毎日応援している方からTシャツもらって、一緒に応援してました。

結果、1週間でニューヨーク、コネチカット、フロリダの弾丸ツアーになってしまいました。
ニューヨークではほぼ泊まるだけのスケジュールの中、ミュージカル「パイレート・クイーン」で一緒だった四宮さん(ブロードウェイミュージカル「King and I」に出演中でした!)と、急遽会うことができ、また2005年のニューヨークでのダンスイベント時にお会いした以来のナイアルさんとパブセッションするなど、翌朝フライトに乗り遅れないよう目が覚めるように、毎日お祈りしていました!

悪い事は、もう敢えてここに書かなくて、自分で呑み込むというか吐き出せば良いかなと。
お天道様は見てるぞ!ということで。

そんな時期にまたちょうど平原綾香さんのツアーを観ることができました。
(いつもは10月位がファイナルなのですが、今年はたまたま2部構成で、1部のバンドツアーのファイナル)
「Love」ツアーで、いろいろな方の作詞や作曲もあり、優しい気持ちになれるけど、
今の自分の状態では「スマイル」とかいつもより心にすっと入ってきたなぁ。

9月からの2部のアコースティックツアーは残念ながら東京では未開催。

平原綾香 Official Website
http://www.camp-a-ya.com/

元気で顔晴っていきます!
次期クラス、一般クラスは8月17日から、キッズクラスは9月4日からの予定です。

投稿者 Taka : 04:02 PM | コメント (0)

July 23, 2015

連休明けレッスン再開!

海の日連休も終わり、レッスン再開です。

このところ、いろいろと悩みもあったのですが、ようやく心の中で消化できそうな感じです。

原点に戻るとシンプルです。
夢のあることをすること、一緒に関わってくれる人をハッピーにすること、そう思えば全くブレはないなと。
それで離れてしまう人が出たら残念ですが、自分の力不足で仕方ないし、自分の持てる時間は限りがあるので。
「のに」という言葉が出そうになると気分が悪くなるし、運も下がる気がするので、使わないようにしていますが、逆にそういう言葉を選ばせない最低限の道徳感がないとその人自身の運気も下がると考えています。

エース不在は次のエースが生まれるチャンスでもあるし、自身もまだまだ成長できると思ってます。
ちょっとサッパリ。

レッスンでは、長年コツコツやっている生徒さんがリバーダンスのステップが出来るようになるなど嬉しいこともあり。
上達の仕方も個々いろいろなので、その人に合わせた指導方を心掛けてます。

毎週毎回のインタラクティブなレッスンで完璧な練習の意識が身に付くこと、(本当は週何回も出来ると良いのですが)
そこに自分のアカデミーの価値はあります。
自主練習だとどうしても自分の癖が付きますから。
このあたり、アイルランドで毎日トレーニングしていた時も悩んでいたところで、出来るようになったと思ったら自分のやり易いようにやっていただけだったり・・・

とりとめもないのでこの辺で。

少し早いけど、冬のイベント仕事の構想を練って行こうと思ってます。
楽しんで行こう!


投稿者 Taka : 01:43 PM | コメント (0)

April 08, 2015

モントリオールより帰国

モントリオールから帰国しました。

昨年7月からアイルランドのヘッションスクールへダンス留学しているアカデミー生の野宮さんが、昨年コナハト州選手権シニア女子で3位になり、今年カナダ・モントリオールで行われる世界選手権に出場するため、応援に行ってきました。

ちょうど日本ではリバーダンスの開幕日にあたる4月3日がそのシニアレディースの大会日でした。
結果は1R、2Rでの敗退、最終ラウンドへ進めず残念でしたが、また次回に期待したいです。
ヘッションスクールは世界的な名門アイリッシュダンススクールで今年は3人が年齢別で世界チャンピオンに輝きました。

今のシニアトップ5は本当に凄いレベルだなと感じます。
世界は近いけど深いなという感覚です。

さて、様々な年齢別カテゴリーでのコンペティション観戦後、1日観光しようと思っていたのですが、体調すぐれなくなり、結局ホテルで静養、コンペティション観てとんぼ返りで帰ることになってしまいました。
また現状の世界レベルをクラスでフィードバックして行きたいと思います。

次期クラスは4月下旬からの予定です。
久しく作っていなかったのですが、初めての方用のクラスも新規に作る予定です。
自分自身、リバーダンスを観て、あんなことがやりたいと始めたタイプですので、
リバーダンスを見て始めたい方、是非お待ちしてます。

スクールの色としてはリバーダンスみたいなパフォーマンスをしてみたい、でスキルももちろん上手くなりたいという感じです。
コンペティションありきという訳ではありませんが、レベルは高いところを目指しています。
過去の生徒では3名が世界選手権で競技実績があります。

投稿者 Taka : 11:19 PM | コメント (1)

January 16, 2015

今年はワクワクで!

Facebook主体ですっかりブログ更新が滞ってしまいすみません。

クリスマスにインフルエンザにかかってしまい、自宅待機しておりましたが、
年末、年始と劇団民藝さんの2月公演「ヒトジチ」
http://www.gekidanmingei.co.jp/2015hitojiti.html
の振付担当させていただきました。

お芝居の内容と雰囲気を大切にし、時代背景など考慮して、シャンノースと呼ばれる古い型のタイプのステップダンスや社交的なセットダンスをモチーフとして振付しました。

話は変わりますが、母校青学も箱根駅伝で優勝してしまうという、在学中の弱小っぷりからは考えられない進化を遂げているのを目の当たりにし、継続と信念はやはり大切と再認識しました。
今年は地道に積み上げてきたものがどこかで出せたら良いなと思っていますし、
仮にそうでなくともワクワクで楽しく行こうと思います。

2月は先程の劇団民藝さんの「ヒトジチ」ですが、4月は待望のリバーダンス来日。
自分はというと、昨年7月にアイルランドに留学した野宮さんが、11月アイルランドのコナハト州でシニア部門で3位になり、今年4月カナダで行われる世界選手権に出場するので、それを応援に行く方がメインかな。
この1年間でどこまで成長するか楽しみにしています。

また、3月中はどこかでリバーダンスの見どころなどイベント企画できたら良いなあと思ってます。

近年は、中川さんのリバーダンスマスタークラスシリーズ参加や、三寺さんの文化庁芸術祭の大衆芸能部門新人賞獲得など、だんだんと世界でも通用するダンサーが育ちつつあるし、アカデミー内でもそれに続く人材も育ちつつある、あとはどういった場で公開して行くのか、それが課題です。
Dancing Beatのダイジェストビデオクリップも編集して公開したいなと思っています。

後はWebサイトの更新も今年はやって行きます!
現在メインPCがトラブル中なので、データ復旧、まずはそこから・・・。

レッスンですが、ダンスクラスは1/18(日)から開始します。

★来期クラススケジュール
土曜日 1/24-3/14 全8回(補3/28休3/21)KTスタジオ
ソフトビギナー 11:30-12:50 25,700円
初中級 13:05-14:35 30,200円
ハード初中級 14:50-16:15 28,500円
ステップアップ(ソフト・ハード) 16:30-18:00 28,500円

水曜日
1/21-3/18 全8回(補3/25休2/11)
ハードビギナー(Etsuko) 20:10-21:40 27,200円 高円寺グランブルー
ハード中級(Taka) 19:45-21:30 37,100円 パピヨン

日曜日
キッズクラス 11:45-12:45 月謝8,000円(月3回の場合6,000円) 新宿村スタジオWEST W-304
(休2/15、3/15)

では本年もよろしくお願いいたします!

投稿者 Taka : 05:06 PM | コメント (0)

September 06, 2014

タイトル戦

今日の最後は何と言ってもボクシング八重樫選手のタイトル戦。
チャンピオンにもかかわらず、最強の相手に向かっていく姿勢は素晴らしいというか、どんな形容詞を持っても陳腐にしか聞こえません。
男の中の男。
今日の試合の方もラスト2ラウンドが凄い。
恐らく乳酸でパンパンになって腕も上がらない状態、ノーガード作戦ではないと思います。
その中での逆転の一撃を出すための本能に近い構え。
そして打たれてダメージ重なっている状態での気迫。
TV画面越しでも伝わってくる気迫は、きっと生で見たらもっと凄いのでしょう。
いつも感動をもらいます。
でも八重樫選手、乳酸溜まりやすいのかなぁ。
始まる前から随分筋肉がパンプアップされている状態で、うん、でもそれであれだけ打ち続けられるのは相当な修練の賜物なのだなと感じます。
自分ももうちょっと頑張ろうと思います。

投稿者 Taka : 12:26 AM | コメント (0)

August 17, 2014

同窓会へ!

昨日は高校の同窓会に行ってきました。
社会人の時に1回行ってそれ以来なので、もう15年以上経っています。
当時はダンサーでなく、まだシステムエンジニアでした。

120名を超える旧友、先生方と久々に会い、話ができて、とても楽しいひと時でした。

学年全体で400人位いて、クラスが違うとなかなか接点も無かったのですが、
今回はクラスが一緒でなかった何人かの人とも話が出来て、嬉しかったです。

皆いろいろな仕事をしていて、もがきながらも頑張っていることを共有できて、自分ももう一度
死なないとなあという気にもなりました。

さて、足を怪我していてしばらくクラスお休みしていたのですが、8/20(水)よりダンスレッスン再開します。
レッスンスケジュールは以下の通りです。

http://irishdance.jp/class/class.html


よろしくお願いします。

投稿者 Taka : 05:17 PM | コメント (3)

October 06, 2013

今日はBunkamuraへ!

image.jpg

今日はキッズクラスレッスン後、Bunkamuraへ。
平原さんのDear Jupiterツアーファイナルに行ってきました!

短期間でのレッスン、チャレンジングであり、かつ歌いながらのタップという流れの中で、どんな感じが発声出来そうな感じか考えながら振付したのも5ヶ月前でした。
和光での最終リハーサルからオーチャードファイナルでのパフォーマンスは、また進化していて、感銘を受けました〜!
音響も2日目越谷の時よりも良く拾えていて良かったなぁ。
若干本調子でなさそうなところもあったのですが、無事終了!
オーディエンスの皆さんも心得ていて、一番の拍手喝采、暖かいファンの皆さんがまた素晴らしい!
こういう空間、最高です。
2005年のリバーダンスの時もオーチャードホール、こんな感じだったなあと思い出しました。

ともかく、ハードスケジュールの中で、この決して楽でないパフォーマンスをこなすアーティスト魂に尊敬の念を感じますし、今回そこに関われて幸せ者だなと思います。
とても元気をもらえました。
自分もアーティストとして挑戦し続けようとあらためて思います!

もちろん歌もノンストップで2時間半、聴き惚れていました。
お姉さんのaikaさんのコーラスは音響的には抑え気味なのですが、そこを何とか集中して聴くとこれがまた素敵なので、楽しみの一つです。
ダンサーなので、照明とかも気になるのですが、Jupiterのところはわかっていても特に感動します。

と、こんな感じでファイナル終わり、また一つ終った感が生まれます。
終わってからは渋谷で美味いやきとり食べて帰宅、楽しみにしていた凱旋門賞をTV観戦、2頭とも顔晴れ〜と思いつつ観戦も惜敗。
勝った馬、天晴れ。
やっぱり夢に挑戦することは、清々しい。

投稿者 Taka : 11:52 PM | コメント (2)

July 23, 2013

中川唯可さん、リバーダンスマスタークラスシリーズ参加

今週末はアイルランドでリバーダンスの同窓会やギネスレコードの更新イベントもあったのだけど、自分自身は公演準備が山ほどあり、断念!
友人が出演しているウーマン・オブ・アイルランドを観に行くのが精一杯でした。

そのかわり、アカデミー生でSpirbeatSチームメンバーの中川唯可さんが、リバーダンスマスタークラスオーディションに合格、5日間のトレーニングを受けにアイルランドに行っており、21日にリバーダンス最長ラインのギネスレコード更新のイベント、ゲイエティシアターでのゲスト参加してきました。
オーディション合格は日本からは1人かな?

早速ゲイエティシアターでの写真もアップされていました。

Jean Butler launches Riverdance – The Gathering
http://www.riverdance.com/blog/2013/07/19/jean-butler-launches-riverdance-the-gathering/

世界レコードの模様
944545_610845878946889_1302195294_n.jpg

971698_610867168944760_1967010647_n.jpg


投稿者 Taka : 12:06 AM | コメント (0)

January 08, 2013

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします

あっという間にまた1年が過ぎてしまったようで・・・。
昨年お世話になりました方々、ありがとうございました。

光陰矢のごとし。
プロ野球選手の松井選手も引退ということで、自分自身も年齢を気にする歳に差し掛かってはいるのですが、体の続く限り頑張ります。
自分の中ではまだまだ上達しているので、今よりももうちょっと良いダンサーになれると思っています。

昨年をダイジェスト的に振り返れば、やはり「Dancing Beat」として音楽とアイリッシュダンスのステージが実現できたこと。
小さい箱ながら2日間満員御礼ありがとうございました。
反省点もありますが、素晴らしいミュージシャンの方々の協力もあり、リハも限られた初回とは思えない完成度だったと思います。
また、オール日本人でこれだけのステージを作れたのは、日本におけるアイリッシュダンスシーンの一つの幕開けだったと思います。
自分としてはまた次々とやりたいところなのですが、自主興行だとリスクも全て自分が背負っているので、なかなか実現できずにすみません・・・。
大きなところでやる勇気が。(笑)
宣伝力、課題です。
そして、いつも応援していただいている皆さま、ありがとうございます。
これからも良いステージを作っていけるよう、引き続き応援やフィードバックいただけたら嬉しいです。

次に、アカデミーからは初の世界選手権出場となった野宮さんの活躍。競技2回目が世界選手権の予選で優勝者と紙一重の差の4位(最後のジャッジの順位が逆なら優勝だった)となり、堂々と出場権獲得、そして3回目で昨年世界選手権に出場というのは、自分も含めて世界中の誰もが経験したことのないことだと思いますし、多分今後もそんなことは起こらないことだと思います。
本当に素晴らしいことでした。

あとはBS241ジャニーズJr.ランド企画。
収録回数は少なく、O.A.も小出しなのですが、アイリッシュダンスがTVを通じて紹介されていくということは、認知度向上のためには必要なことで、それができていることは一つ進歩かなと。
逆に言えば、一般の方に勘違いされて魅力的でないものだと思われないようにすることにも気をつけなくてはいけませんが。
独自性と普遍性を自分の中でどう消化して表現するかというのは、立場的には非常に難しい問題なのですが、いつも自分と格闘しています。

チーフタンズの結成50周年ツアーに、SpirbeatSがゲスト出演。
これもソロでなく、チームとして出られたのが良かったなぁと。
毎週継続しているチームリハでは常に世界レベルを念頭に練習をしてきていて、今回はチームとしてもまた一つ成長できたと思います。
もっともっと進化していく必要もありますが、一歩づつ越えて行けると思っています。
そしていつかアカデミーとしての完成図がぼんやりですが浮かんでいます。
今回はとりあえず、向こうのダンサー達には日本でこんなダンサー達がいるということが分かってもらえたと思います。

後はアイルランドの僕の先生、ローナン先生に日本に再び来てもらったこと。前回は強行日程でどこにも行けなかったのですが、今回はスカイツリーなどに観光もでき、(自分自身しばらく行くつもりもなかったのですが)ダンス以外にも楽しく過ごせました。

個人的には他にもいろいろとあるのですが、あとはやはり一番時間を使っているアカデミーのことがやはり中心かな。
ダンスは3次元なので、感覚的なところの伝わり方とか、なかなか難しい部分もあったりしますが、
それがちょっとでも伝わり、跳ね返って来る時がいつも楽しいです。
教える側としてはアカデミー生一人一人のスキルを神経使って毎週見続けて行くこと、ここに集中した1年でした。
人との比較ではなく、過去の自分との比較ということに重きを置いている結果が、徐々に現れてきたかなと感じたのがクリスマス会での皆のパフォーマンス。
全体としての完成度への注文はありますが、逆に言えばそれを期待できる個の力が徐々に形成されつつあるのかなと。
凄い群舞というものはあくまでもソロの力があってのものなので、その底上げを個別に見て行くことは必須。おかげでクラス名ではレベルが図れない状態にもなったりもするのですが、まあそれはそれでいいかなと。現状できることと、将来できるだろうと思うことをどう今に落としていき、将来につなげていくか。そして、どうしたら皆ハッピーになるかなと考えています。

最終的にあきらめず少しづつでも前に進んでいく(時に感覚を捨てるために後退することもありますが)、それが最後に笑う日が来る事を信じて、今年も突き進んでいきます。

アカデミー生皆が、そしてまだまだ自分も上達しますように。
ブレずに今年も邁進!

投稿者 Taka : 12:51 AM | コメント (0)

December 01, 2012

チーフタンズ結成50周年のお祝いでした。

まとめ。
チーフタンズ結成50周年のお祝いが出来て良かったな〜と。
半世紀というのは、本当に凄いことです。メンバーの皆様、おめでとうございます。

ただそれだけのために出演依頼も快諾、何をやるのかわからないままに、とりあえずダンスナンバーも用意したけど、
今日もリハーサル、袖でスタッフからの待機指令で1時間待っても出番無くそのまま終わったり、音楽との合わせも前回同様に無し、足マイクも当然付けないし、頼みの床マイクのテストも無いからパフォーマンスもやっぱり音は聞こえないしで、自分としてはお祝い気分反面、ゲストアーティストとしては残念なステージだったな。
でも、前回同様のセッティングということで、気持ちの準備とウォームアップはできたので、足は動きましたよ。
とりあえず、その点はホッとしました。

自分の打つ舞台ではないから仕方ないけど、自分がゲスト呼ぶ時は気をつけて行きます!

投稿者 Taka : 08:56 PM | コメント (0)

November 23, 2012

無題

きっと天才ならこれでもできるんだろうなぁ。
メンバーはこのズタボロになっても全くおかしくない状況下で良くやってくれたと思います。
舞台は一期一会、痛いほどわかっているだけに、、、
くやしさばかりが残ります。
必ずリベンジ。

投稿者 Taka : 10:56 AM | コメント (0)

August 12, 2012

オリンピックで寝不足気味も、もうそろそろで終わり

オリンピック、やっぱり見ていて寝不足続きです。
女子サッカーは、予選本戦と正々堂々としたアメリカの戦いぶりにすっかりファンになってしまい、決勝戦はもちろん日本人としてなでしこ応援していたのですが、アメリカも同じくらい応援してました。
なかなか心から両者を応援できる試合というのは少ないです。
終わった時の清々しい気持ちはやっぱり競技っていいなと思います。

また個人的には体操団体での内村選手の大舞台ならではの緊張感でのあり得ない、どうして間違ったか多分本人も良く分からないミス、フェンシング個人の太田選手の初戦そして、2戦目での強敵との闘いなど、メダルに絡まないところでもメダル以上の価値がある試合というのは心に残ります。
もちろんボルト選手の3冠など、あの舞台で100%以上の爆発力を見せられる精神力を見せられると、それはそれで驚嘆ものなのですが。

そして体操、新体操等の採点競技を見ていると、やはり現在のアイリッシュダンス競技の採点方法は明確な技難易度や構成点というのが全く無く、主観による採点なため非常に遅れているなと思うし、現状ではやはりきちんとした採点での順位付けは難しいと思います。
そんなこと言っていても仕方のないことなのですが、持論としては、やはりきちんとした採点基準・公平な審査があるからこそ、相手選手も審査員もリスペクトできると思うし、自分との闘いにも専念できると思うのです。
ある審査員が優勝のスコアを付けた選手がある審査員から最下位のスコアをつけられることは、例えレベルが僅差であったとしても、やはりあってはならないことだと思います。
それがもし一人の審査員の大会だとしたら、やっぱりやりきれない気持が残ります。
自分が競技をしていて、最後の最後で今一つ火が付かなかったのはそこに理由があると未だに思っています。

自分もやっていたから競技を否定するわけでは全く無いのだけど、特に日本から海外に行って競技する環境ならば余計に、審査する人によって結果が変わってしまうというのはモチベーションを維持するのは相当大変だと思うから。
将来のアイリッシュダンス競技の発展を祈ってます。

投稿者 Taka : 06:06 AM | コメント (0)

June 05, 2012

一歩づつ進んでいく

最近、悩み事もあり、心身とも全てが順調というわけではないのですが、もう一度自分の立ち位置について考えると、やはり自分やチームのパフォーマンスとアカデミーの両立、ここに尽きるのかなと。

アカデミーも入ってくる方もいれば、お休みの方もいる中で、自分のできることは今来てくれている皆が時間を使ってダンスをして良かったと思えるようになってもらうこと、この1点だけ集中して行こう。
悩んでいる中、ダンスクラスでは皆進歩を見せてくれるので、ちょっと元気をもらえました。

チームでの新しい振りも構想中。
いろいろ考えてはいるのだけど、定番のカバーを伝えていくこと+オリジナリティがやはり大事かなあと。全部がオリジナルすぎると、何がアイリッシュなのかわからなくなってしまうので、やはりその部分は少し残しておきたい。リバーダンスやロードオブザダンスは僕の意識の中では既にクラシックなので、クラシックを如何に自分なりに演じるかということはやはり永遠のテーマの一つとしてあるかなあ。
新しいナンバーは、面白いものができると良いなあ。

投稿者 Taka : 02:10 AM | コメント (0)

December 16, 2011

眠いけど頑張る!

仕事が終わらな~い!!!

ということで、頑張っているのですが、頭の中で思っていたよりもボリュームが多くて、
連日悪戦奮闘しています。
で、今日はその間隙をぬい、コンサートへ。
ご縁があって、知り合いのドラマーの楠さんがサポートしている森山さんのコンサートに行ってきました。
徹夜続きで、コンサートには不向きな体調ではあり、行くのは少々不安だったのですが、いざ行ってみると、そんな不安はどこへやら、森山さんの歌が凄いのはもちろんなのですが、楠さんの手さばきと体力にも惚れ惚れしていました。
そう言えば、2002年に森山さんデビューの時は、僕自身はアイルランドにいた時で、そう考えると不思議な感じ。来年10周年っていうことは自分もダンス始めてもうそんな時間経つのかなとしみじみ。

やっぱりステージはいいなあ。
外にも出て、バッチリ気分転換にもなりました。

うっし、また頑張ります!

投稿者 Taka : 02:52 AM | コメント (0)

December 13, 2011

ティンホイッスルのプレゼント

アカデミーでも協力しているIreland Supports Japanの基金としてプールされていた義援金についてですが、ティンホイッスル300本、被災地の子供達へのプレゼントとして以下のイベントで使われましたので、ご報告させていただきます。
ご協力頂きました皆さま、ありがとうございました。

【チャリティーイベント】
アイルランド大使館主催 東北復興応援コンサート アイルランドから歌の贈り物
12月6日(火)~12日(月)
2011年3月11日に起きた東日本大震災による被害は、遠くアイルランドに住む人々にも大きなショックを与えました。アイルランド人はいち早く行動を起こし、各地で募金活動やチャリティ企画が立ち上がりました。
このたび、アイルランドのコーラスグループ「アヌーナ」とシンガー「リアム・オ・メンリィ」がアイルランド大使とともに福島県被災地の小学校や養護施設をまわり、共に歌を歌い、笛を吹き、子どもたちと交流します。また、宮城沿岸被災地区の生徒を対象に、祈りと励ましを込めた特別クリスマスコンサートを贈ります。
[日程]
12月6日(火)福島県相馬市 復興応援プロジェクト
12月7日(水)福島県いわき市 被災地小学校訪問コンサート
12月8日(木)宮城県 仙南芸術文化センターえずこホール 被災地の子どもたちのためのクリスマスコンサート
12月12日(月)19:00 東北復興応援コンサート@青山CAY(東京都港区)(収益の一部を被災地に寄付いたします)

投稿者 Taka : 04:42 AM | コメント (0)

November 23, 2011

イタリア

滞在最後にして、観光、ショッピング少しできて、少しだけイタリア楽しめました。

ACミランのレプリカシャツもゲット(ホームでもアウェーでもなくサードの黒)。
やっぱり20年前サッカーやってた時はACミラン好きだったので、
いざ買おうとするとインテル買えなかった。(長友さんゴメン)

いよいよ今日帰国です。
まずは飛行機が定刻どおり飛ぶと良いなあ。

Ciao!

投稿者 Taka : 04:35 PM | コメント (0)

August 12, 2011

熱中症ぽい

水曜日のレッスン後から、急に体調不良なことに気づき、帰って体温測ると38.7度。
木曜日は夜までずっと寝て、その後チーム練に合流。
自分は全く動けなかったのだけど、皆の練習を見て、ちょっと元気になった。
やっぱり体鞭打って行って良かった。
進歩している様を見るとやっぱり元気になります。

幸いなことに、今週1週間お休みなので、その間に、写真完成させる!
もう1000枚くらい終わってます。。。あとちょっと!

そしてクリスマスに向けて、来期クラスの選曲、いろんなジャンルの音楽を沢山聴いています。
かなりアイリッシュダンスな曲じゃない予感。
ちょっと趣向を変えてバラエティ豊かに行きたいところだけど、あとはクラスで試しながらやって行こう。

全然関係ないけど、お酒の話。
紹興酒にハマッてしまったので、ネットで紹興酒検索中。
今まで匂いも味も全然×だったのが、10年以上の熟成ものはシェリー酒に似た芳醇な香りなんですね。
砂糖を入れて呑むなんて変ちくりんなことしなくても全然OK。
しかもアミノ酸豊富ときて、体も絶好調になる良いお酒。
思い切ってここは越王台25年か、古越龍山25年あたり行ってみようかな。

芳醇な香りと言えば、親父の形見のルイ13世っていうブランデーは、それはそれは凄かったなあ。
空けた瞬間の物凄い香り。
部屋中が包まれて行く感じ。
あの感動は他のお酒では未だないなぁ。

投稿者 Taka : 02:52 PM | コメント (1)

July 24, 2011

心機一転

一つ予定していた仕事が無くなり残念だったのですが、5月に行った仕事の完成版が届き、しかもダンスオンリーバージョンまでおまけで編集していただきまして、とても嬉しかったです。
なでしこ発言とダブルパンチでがっかりしていたところ、元気が出てきました。

思い起こせば、楽曲をいただいてから数時間で振付、その日の夕方にメンバーに振り移し、翌々日に撮影本番というタイトなスケジュールでしたが、とても楽しかったです。
某外資系製薬会社のコンベンション用の映像でした。
このイベントだけの使用で終わりというのがもったいないくらいに良く仕上がっています。
プロモ用の映像も撮らないといけないかなあ。

レッスンの方も、皆だんだんと実力がついてきて、それを見ているのも楽しいです。
ちょっと早いけど、クリスマス会に向けての振付も考えていかないと。
リサイタルの映像も近いうちにどこかで皆と観ないといけないし。
後はライブの構想練ろうっと。

投稿者 Taka : 11:14 PM | コメント (0)

June 25, 2011

マエストロのコンサートに行く

今日はマエストロのコンサートに行ってきました。

心地よい音楽を聴くと眠くなるのですが、今日はいろいろなところに神経が行き、全く眠くなく(演奏も素晴らしい!)時間を過ごせました。
行って良かったなぁ。

VJによる演出効果も良くて。
また、バンドのメンバーの音楽も非常に良かった。
マエストロの音楽は当たり前に良いのだけど、そのあとに続く音が丁寧に心にしみてきます。
ジャジーな感じも自分的にヒット。

欲を言えば、センターあたりで聴きたかったなぁ。
後ろから2番目の席だったからなぁ。

この曲で踊りたい!と思って、CD買ったけど、このアレンジはCDに入っていないと今CD聴いて気づき、残念。
創作意欲湧いたのに~!

投稿者 Taka : 01:46 AM | コメント (0)

June 09, 2011

ダンスセントラル

とんでもない首相の思惑は世論を含め有識者の圧力で一先ず収まりましたが、依然として大増税への筋書きが消えたわけではなく、子供手当の削減や、幼保一元化による負担増、加えて消費税大増税の手痛いパンチが近い将来やってきます。
子供を産みにくくする政策と、将来の年金問題、矛盾するところをどう考えていくか。
それに加えて、経済、外交の問題もあり、難局は続きます。
さて、それはさておき、本題。

これは凄い!と思い、ちょっと大人買いしてしまいました。
ダンスセントラルというゲームです。
本体持っていなかったので、本体ごと。

XBOXのキネクトというカメラで全身をモーションキャプチャし、それがダンスの判定に使われるのです。
非常に画期的な仕組みです。
PS3のMOVEはスティックコントローラーの認識だけなので、体全体が認識されるわけでなく、ダンスは無理。

早速やってみましたが、面白い!
最初は簡単なので、誰でもできるし。

ただ、判定がやっぱり甘いかな・・・
画面のキャラクターダンサーはクールな動きしていて、それを真似するわけですが、実際は甘い動きでもパーフェクト来ます。
微妙なポップ加減、関節の曲げ感、指先の開き具合などでかなり見栄えは変わりますが、そのあたりはまあゲームということで。
技術的にはモーションキャプチャの時点で、手などドラえもんに近く丸くなってしまっているので、細かい判定までは難しいのでしょうし、そもそもそんな難しくしたら達成感もなく売れないのでしょう。

でもそれを差し引いても、画面キャラのダンスは楽しいし、ムーブが多く収録されてるので、時間を忘れてしまいます。
遊びでもダンスはどうかと思いますが、面白いから良しということで。

アイリッシュダンスはちょっと動きが細かくてゲームでの判定は難しいかな・・・。
キネクト+足の触れている時間が計測できたり、位置が座標でとらえられるダンスマットがあればかなりいけるかもしれないけど。

投稿者 Taka : 01:25 AM | コメント (0)

June 01, 2011

リサイタル残作業中

リサイタル残作業がまだまだ残っているので、それを少しづつ整理中。

そのうちの一つのビデオ編集、メインカメラで撮影したメディアがデータ不良で読み込めず、パナに送っていたのだけど、それが今日データ読めるようになり帰ってきました。
サポートは素晴らしかったけど、メディアのエラーは、かなり致命的なので、
なぜそうなったのかわからないと、今後のことを考えるとちょっと運用に不安・・。

気をとりなおして、早速プレミアで編集しようとしましたが・・・。
そもそもの、映像の撮り方が・・・全く駄目・・・で愕然。
これは、機材云々ではないところ・・・人の問題・・・
業務用の機材が泣いている。

自分もプロではないけど、やはり、自ら確認は必要だった・・・。
「経験あるから大丈夫」というのは、お互いの意識レベルが違う場合、全く意味のない言葉であると痛感。
少なくとも自分の知っていることは伝えないとまるっきり駄目だ。

撮ってくれた方には申し訳ないけど、マルチカムもほとんど意味を成していないので、編集作業は難航を極めそう。
そんな訳で、今日はやる気が起きず、寝ます。zzz


投稿者 Taka : 02:02 AM | コメント (0)

May 24, 2011

フューチャー時代の友人達と飲み

10年前に働いていたフューチャーの人達と飲み。
今や、「経営をアーキテクトする」というCMでもおなじみに?なりました。

皆本質は変わらないから、話していても楽しかったなあ。
おかやすさんも来てもらって嬉しい!

皆も自分も良い年齢になったんだなあと思うとともに、何だか自分たち更に何かできるんじゃないかと、一層パワーが充満して来ました。
しばらく舞台関係の人としか接点なかっただけに、こういう接点大事にしていきたいなと感じました。

そしてやっぱり、グローバル展開というか、世界のフィールドの中に自分たちが一つあるという感覚、あらためて大事にしていきたいと思いました!

投稿者 Taka : 01:20 AM | コメント (0)

May 21, 2011

映像の仕事

昨日は某コンベンション用映像収録の仕事で新宿村へ。

素敵な楽曲に合わせて、振付したダンスをアングルを変え何度もテイク。
ステージも楽しいけど、こういった仕事も楽しいです。
以前ドラマの収録などもありましたが、撮影の仕事は生番組一発というのが比較的多かったので、久々滝のような汗かきました。^^

最終的に良いものができたら嬉しいです。
ただ、一般の方が見れないのが残念~!!

投稿者 Taka : 01:14 AM | コメント (0)

May 13, 2011

ブラックスワンを観に行った

映画のブラックスワンを観に行った。

↓以下ネタバレ注意

多分ダンサーの中でも賛否両論だろうなあと思いつつも、このような極限になることというのは、究極そうかもしれないと思う。
一方でバレエではないが、ダンスで世界ツアーしていた自分としては、ステージ上で「変貌できる」ことがプロであるとも思っている。

マインドをコントロールして、現実から仮想世界へ入り込めることと、狂気で自分が錯乱した結果、仮想世界が現実のものになることは違い、それをそのまま出すことはもはや演技ではなく、「一度きりの」リアルライフを実行しているだけであると思う。

ただ、ダンサーがそのような強迫観念・焦燥感に駆られることは程度の差こそあれ、無くはない。
ある意味では、それを常に利用して倒錯した世界を演目・キャラクターに合わせて毎回同じように産み出せるとしたら、究極のスーパースターの姿なのかもしれないとも思う。
ただ、心も体もおかしくなってしまうと思うけど・・・
考えさせられますね。

投稿者 Taka : 04:28 AM | コメント (0)

December 08, 2010

Premiere Pro CS5ようやく来ました。

Adobeの動画編集ソフトPremiere Pro CS5が来ました。
正確にはMaster Collectionなので、他ソフトも全部。(笑)
とにかく今回は64bit専用のPremiere ProとAfter Effectsが目当てです。

普通に購入すると目が飛び出る程高いので、通信講座の受講生となり、そこの学校からアドビ指定校ライセンス版を購入しています。
それでも高いですが・・・。
CS4からアップデート版を購入しようと思っていたのですが、指定校ライセンス版の方が安いし、何より
アップデートせず、他PCにCS4残して置けるのでそっちの方が良いなあと。
印刷会社にデータ入稿するときも最新版だと対応してなかったりするので、古いバージョン残して置けると重宝するのです。

さて、シリアルキーはアドビに申請してもらう形になっていて、それを入れるとインストール完了。

さて、お目当てのPremiere Pro CS5はというと・・・爆速!!
まだマルチトラック編集もエフェクトもかけてない状態なので、単なるエンコードのみですが、今までの処理速度の遅さからは考えられない速さです。
プレビューも全くコマ落ちしません。

64bit化、CPU6コア化、CUDA使用などいろいろあると思いますが、全てが合わさった結果なのでしょう。
テープレスノンリニア編集がようやく実用になった感じがします。
残すはCS5の売りの一つ、マーキュリーエンジン。
GPUの処理速度、エフェクトかけてのレンダリングスピードがどうなるか、まあ、忙しいので徐々にやっていこうと思いますが、楽しみです。

投稿者 Taka : 01:10 AM | コメント (1)

November 19, 2010

新パソコン組み立て

イベントが終り、一段落ついたところで、以前より課題だったパソコンを新しくすることにしました。

業務用のビデオカメラはテープでのワークフローが中心だったのですが、これからはテープレスになると見越し、昨年早々にメモリタイプのカメラを買ったものの、当時はやはり時期早尚すぎで編集が物凄く大変なことになってしまい、かな~~り億劫になってしまっていたのです。
が、ここにきて、ようやく技術の進歩が整い始め、価格的にもこなれてきたので、編集作業ができるようなパソコンを組むことにしました。
CPUの動向だけチェックしていたのですが、どうやらインテル新CPUの6コアは来年半ば以降になりそうということなので、今がちょうどいい機会かなと。

まず、Adobe Premiere Proを使っている関係上、その新バージョンCS5を使うということが前提なので、OSはWindows 7 64bitが必須、そしてもちろんMercury Playback Engineも使いたいですから、GPUはNVIDIAのGeforce GTX 470(Quadroはちょっと費用的にキツイ・・)、CPUは6コアのCore i7-980X、メモリは24GB、そして、HDDもローカルデータ用に2TB×4でRAID10構成、起動OSやソフトインストールエリア用にSATA6Gb対応のSSD128GBのシステムとなり、過去の自作パソコンの中で一番のノンリニアシステム構成になりました。

組み立てて見るとCPU付属のリテールファンが爆音でうるさすぎたので、流石にそれは夜間に使えないと思い、ZALMANのCNPS9900MAXに変更、こちらはいい感じです。
GPUもうるさくなったり発熱が酷いようなら、あとでクーラー変更も考えようと思います。

データもNASデータ倉庫として、QNAPのTS-459proのRAID5運用で6TBあるので、計10TBまで何とかなります。
以前にPowerPC601搭載のPowerMac 8100AV出たばっかりのとき、HDD1GBでギガの単位に驚きを感じたことが懐かしいです。
ハードディスクデジタルレコーディングができると!
今ならICレコーダーでちょちょいのちょいですからね・・・
あの頃、PC本体だけで70万円也・・・
そのちょっと前は、FDDとかテープでしたから、HDDの存在そのものが驚愕ものだったことを今でも覚えています。

逆に今は進歩しているのですが、あまり驚愕を感じなく怖いところでもあるのですが、感覚が麻痺しちゃってるんですかね。

ともかく、これで映像が4k2kにならないうちは何とかいけそうな感じです。

投稿者 Taka : 01:29 AM | コメント (0)

November 08, 2010

イベントリハ終了~

今日はキッズクラスのレッスン後、11日に向けての最終合同リハーサルでした。
ダンサー、ミュージシャン、ヴォーカル合わせて16名、休憩無しで約1時間40分のステージなのですが、あっという間に時間が過ぎ去っていく感じです。
ミュージシャンもJohnJohnFestivalの大久保さん、中村さん、そして今回初めてご一緒させていただくことになりましたホイッスルの庄司さんと、素敵な方々に来てもらっていて、あらためて演奏に感動。
また、元宝塚の奈加さんの透き通るような声も相変わらず素敵です。
そしてなんといってもアカデミーとアイルランドのリムリック大大学院アイリッシュトラディショナルダンスパフォーマンス科で研鑽をつんだ三寺さんのマルチタレントぶりにまた感謝。
質の高いダンスと演奏はショーとしての演目に一層深みが加わります。
もちろんチームメンバーの唯可、惠津子、由葵のダンスも一段と磨きがかかり、これまた感動。
BreakOutなど見ていると、本場アイルランドのプロダンサーと比べても遜色ないレベルに近づいてきていると思います。
いや、箇所によっては超えているところもあるかも。
来年のアイルランドでのコンペティションも楽しみです。
そしてアカデミーダンサーズも群舞をより壮観なものにしてくれています。
総勢12名での迫力は少人数では決して出せないものですし、何よりもぴっちり合うには相当の修練が必要です。それに応えてくれる皆にも感謝。
こうみると、アカデミーでのレベルも着実に上がってきているなあと実感、来年の2ndリサイタルも楽しみです。
そして衣装の面でも、ダンサー衣装を担当している惠津子が、これ以上なく頑張ってくれています。(今現在も!)こちらもショーには欠かせない要素で、無理な注文もこなしてくれて、本当に頭が下がりません。

全体としては、できる限りみて来れたので、後は自分の部分に集中して本番に臨みたいと思います。
Lift the Wings!

投稿者 Taka : 04:28 AM | コメント (0)

November 05, 2010

ついに尖閣映像が・・・

ついに尖閣映像がYoutubeに流れた。
http://www.youtube.com/user/sengoku38

このカードは、もっと早く穏便に使わないと行けなかった。
ここぞとばかりに、ロシアまで足元をすくわれている現状は、現政権が対外的に全く機能していないということである。この動画公開を誰が行ったのかはわからないが、APECを控えて経済協力どころの話ではないだろうというメッセージ性を感じる。

そもそも深読みすれば、尖閣問題にはアメリカも絡んでいるのか?
だとしたら余計に恐ろしい。
日本周辺の諸外国との関係が緊迫すれば、普天間基地の移点云々どころの話ではなく、更なる防衛予算の増額交渉もたやすくなる。そこに他国との利害が一致したら・・・
そもそもオバマ大統領も国内での求心力はかなり下落しているから、いろいろな勝負手を放つ可能性は高い。
まずはドル安で貿易輸入に間接的に制限を加えて対外貿易の赤字縮小、内需の拡大を図りつつ、更に極東を抑えるためには、日本の拠点を如何に予算を計上せず強化することが重要で、そこを厚くするとともに、油田抑えるには、他国と秘密裏に強調し、日本政府の混乱に付け込むということは十分ありえる。
あくまでも推測の域ですが・・・

いずれにしても、日本側がきちんと対応しないと、やりたいようにやられます・・・。

投稿者 Taka : 05:15 AM | コメント (0)

October 16, 2010

目まぐるしく

最近は、目まぐるしく動き出した感じがします。

毎日、毎月、毎年いろいろなことがあり、良いこともあれば悪いこともあったり、人生いろいろ、そのものです。
アカデミーも新しい人が増える一方で辞めていく人もいたりするのですが、なんとなく2~3年位の周期でダンサーが育ち、大波が来る感じがします。もちろん続けている方達がその波をより大きなものにしてくれているのです。

今年から来年にかけては、アカデミーで研鑽を積んだダンサー達が大きく飛躍するような気がしてなりませんし、もうそろそろそれがくる頃だと思います。
来年5月にはいよいよセカンドリサイタルも行うことも決まりました。

最近個人的には思うのは、技術的に優れるというのはもちろん大切なのですが、やはり心技体揃ったダンサーになることを目指して欲しいなあと思っています。
最初は技術が優るにつれて、人格も醸成されていくと考えていたのですが、それは間違いだということに気づかされ、悩みもしたのですが、まあ、みな横綱大鵬関のようになるわけでもないですし、元朝青龍関のようなタイプもいるから面白いのかもと思い、最近はあまり気にしないようにしています。
ただ、指導者として考えれば、やはり元朝青龍関のようなタイプを輩出すれば嬉しいのかというとやはり違うなあと考えます。
何の道を行くにしても、道を究めんとする人は、やはり精神的にも王道を行かないといけないと僕は考えています。
振り返ってみれば僕はやはりRonan先生を筆頭に、指導者に恵まれたわけですが、教え始めてようやく今先生たちの気持ちを実感しています。
いよいよ明日からは満を持して、そのRonan先生をお呼びする運びとなり、また更なる核融合がおきることを楽しみにしています。

それが終わっても日々のアカデミーでの活動に加え、芸術鑑賞会でのステージ、トークショー、地方でのワークショップ、CMや映画の話、更にはセカンドリサイタル、コンペティションなど個人レベルを超えたアカデミー全体でのパワフルな活動も待っており、突き進むだけ突き進んで行きます。
とにかく、自分自身のやっていることを信じ、そして付いてきてくれる人のためにも頑張ります!
そのうちNHKでアイリッシュダンスのレッスンがシリーズ化できる日が来るように。(笑)

投稿者 Taka : 02:46 AM | コメント (2)

August 11, 2010

ビア・ガーデン!!

やっぱり、夏といえばこれ!

ビアガーデンに行ってきました~。
グラスでかぃ!

Beer.jpg

投稿者 Taka : 04:13 PM | コメント (2)

August 10, 2010

Hotmailのスパムについてのご連絡

celitc・・・・のアカウントで、アドレス帳に入っている方宛に以下のスパムが送られているようです。
申し訳ございません。
届いてしまわれた方、削除下さいますよう、よろしくお願いいたします。

Hi,
How are you recently?
I have good news for you.
I give you some surprice here! The latest Brand New Apple iPhone 4 32 GB Black
is only 822.99 !!!!And other items all are original with low price that you can't belive !!
You can never find such a low price in other place...
Don't miss this chance, hope you can find somethings that you are interested .
I believe you will have an good experience on shopping from them.
The website is -------(業者のWebアドレス)-------------
Regards

対処としては、とりあえず、パスワード変更および、アドレス帳全て消去しました。
よろしくお願いします。

Taka

投稿者 Taka : 01:32 AM | コメント (0)

February 17, 2010

怪我その後

随分ブログ変更がご無沙汰になってしまいました。
すみません。

足の怪我ですが、レッスンは行ってはいるものの、まだ完全復帰には時間がかかりそうです。
ただ、普通に歩く分にはだいぶ問題なくなってきました。
こんな状態ですので、ダンスについては、レッスンのことを中心に考えてます。

その他、生活で新しく変わったことと言えば、ipod touch 64GBを購入したことでしょうか。
以前よりWindowsMobileのPDAを使っていたのですが、もっさり感があり、かといってPalmに戻るのはリッチコンテンツをあきらめる潔さも必要とあってなかなか躊躇していたのです。
で、なぜipod touchに行く決断ができたかというと、やはりiphoneの登場&ソフトバンクの販促攻勢で日本でも所持者が増え、アプリが充実し始めてきたから&初期型よりもCPUの向上でタッチ速度も向上し、ソフトキーボードも実用に足るように感じたからです。

ここ最近はアプリをちょくちょく検索しているのですが、強いてあげれば、正規の使い方ではApp Storeを全て介さないとアプリがインストールできない仕様というのが、PDAユーザーとしてはちょいと物足りないところも。
そして、良くも悪くもアプリが膨大すぎて、欲しいものが検索しにくいインターフェースだなあと。
解説は控えますが、「脱獄」しろといわんばかりなので、apple社にはもうちょっと頑張ってもらいたいです。
お勧めのアプリあったらコメントいただければと思います。

投稿者 Taka : 05:05 PM | コメント (2)

January 01, 2010

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

元旦に舞台というのは初の経験になりますが、お客さんも沢山来ていただいてとても嬉しいです。
1月11日まで大阪・梅田芸術劇場にて、パイレート・クイーン号航海中ですので、是非ご来場お待ちしております~!

投稿者 Taka : 10:18 PM | コメント (5)

December 25, 2009

Birthday

今日クリスマス・イブは、誕生日でした。
パイレート・クイーンも残すところ明日の千穐楽で帝劇を後にします。

そんな中、今日のマチネの幕間に楽屋へ戻ると、素敵なお花が届いていました。
誰からかなあと、添えられたカードを見ると・・

Happy Birthdayというメッセージに感動。10年ぶりだよ。
しばらくジーンと来てしまい、2幕出遅れそうになった。(笑)

そして、この空間のどこかにいるのかと思うと、足や腰の痛みも忘れる位
頑張れる元気をもらいました。23日は動けなかったのに、気合が満タン。
タカ・ハヤシのダンス。
ステージ観て何か感じてもらえたら嬉しいなぁ。

終わったら楽屋で会えるかなあと思ったけど、会えずじまい。
でも、生きていれば、いつかどこかで。

Merry Christmas to you.
See you again!

投稿者 Taka : 02:53 AM | コメント (2)

November 17, 2009

公開稽古イベント終了

今日は公開稽古ということで、100人のオーディエンスの皆様とお会いしました。
インフルエンザ対策ということで、皆さんマスク着用していたのですが、事前に聞かされていなければ、ちょっと怖い風景(笑)

さて、稽古の場面を見せるという機会はなかなかないと思うので、いつもとは一風変わった感じでしたが、楽しかったです。
そしてミュージカルファンの皆さんの前で、アイリッシュダンスがどんな感じを受けるのかなあとも思っていたのですが、マスクのせいで表情が読み取れず・・・。誰か参加された方は感想教えてもらえれば励みになります。

あともう初日まで10日位、残り最後まで精度あげていきます。
歌も芝居も殺陣も頑張るぞ!!

投稿者 Taka : 01:11 AM | コメント (5)

November 15, 2009

久々のOFF!

更新がご無沙汰になってしまい、すみません。

昨日までの稽古でようやく概要が見えてきて、思うところは「気の抜きどころが無い・・」そんな感じです。
もちろんオーディエンス側の視点では、緊迫する場面、楽しい場面、悲しい場面、面白い場面等沢山あるんですけれどね。
時間的には休憩挟んで2時間45分位のステージですが、その中で展開が小気味良く進んでいきます。
そして何より、グレイス役の保坂さんの格好いいことといったらありません。
ホント惚れますよ。

終わった後は、アイルランドから来たダンサーたちを囲んでのアイリッシュパブでの歓迎会。
後できっとパイレート・クイーン公式ブログでもその模様は公開されると思いますが、盛り上がりました。

さて、昨日まではそんな形で、今日は久々の完全OFFでした。

最近は毎日稽古&スクール&治療院通いの日々で、OFF日の今日は1日ゆっくりしようと思ってました。

が、、、役作りの方も進めなくてはということが頭に浮かんでしまい、そちらの方に少し時間を・・・
おかげであちこち痛いですxxx
先に言ってしまいますが、本番のときにはチラシの顔写真と全く違う様相になっているかも知れません。

初日まであと2週間切りました。
パイレート・クイーン、良い航海ができるようギリギリまで頑張ります!

投稿者 Taka : 11:41 PM | コメント (0)

October 22, 2009

パイレート・クイーン立ち稽古始まる

更新もすっかり滞っていましたが、パイレート・クイーンの稽古もアイリッシュダンスに始まり、歌稽古、そして今日からは立ち稽古が始まりました。

舞台は回り舞台なのですが(我々は「盆」と呼ぶ)、そこでのリハーサルは初日ということもあってかなり悪戦苦闘な状態でした。
舞台が回っているため、頭の中での動きのイメージとのすり合わせが難しく、とにかく1シーン1シーン毎に動きを確認していきます。

そのため、創り上げていく過程は面白いのですが、1場創るのにもものすごい時間がかかります。
もちろん動きの中では歌や演技、ダンスもあるので気を引き締めないと。
初日まであと一ヶ月ちょい、戦争になりそうな予感・・
でも上手くいけば、かなり楽しい作品になりそうです。

投稿者 Taka : 02:06 AM | コメント (2)

September 11, 2009

ヘブンアーティスト審査結果

残念ながらヘブンアーティストは不合格でした。

自分としては審査前から気になっていた事として、音の問題で、3~4人でハードシューズのダンスをするとどうしても音量が大きくなるというところがあり、大道芸のライセンスとしては不向きかも知れないというところはあったのですが・・。

それはさておき、これで見知らぬ不特定の人にアイリッシュダンスのアートを見せることができる可能性は東京の路上では少なくともなくなったので、残念です。
ただ、アイリッシュダンスの持つ力や、SpirbeatSの作品自体は本場アイルランドでも評価され、いきなりTV出演までこぎつけましたので、それを感じたい方は是非舞台を見て欲しいです。

といっても、Webはプッシュ型ではないので、検索をかけない知らない人が見ることはなく、やはり機会が得られなかったことは、アイリッシュダンス界の発展や新しいアートの啓蒙という観点から考えると、残念な結果だなあと言わざるを得ません。
ダンスのシステム上、及びメンバーのレベル上、今回駄目で来年こそはということはありえませんので、大道芸として認められなかったことは、アイリッシュダンス界に携わる皆様には本当に申し訳ございません。

また違う形で見知らぬ方にご紹介できる方法を考えたいと思います。

投稿者 Taka : 12:27 AM | コメント (0)

May 20, 2009

帰国しました。

アイルランドから帰国しました。
ちょっと時差ボケ気味です。
飛行機の遅れで、荷物が一緒に着かなかったのですが、何とか無事帰ってこれました。
レッスン穴空けずに済みホッとしてます。

一応対応したと思うのですが、レッスン申し込みのメールでもし返信を受け取っていない方がいたら、再度ご連絡お願いします。

水曜日のレッスンは今日からです。
また後ほど!

投稿者 Taka : 05:00 AM | コメント (0)

April 24, 2009

ドイツから帰ってきました。

ネットブックが起動しなくなり、ネットが一切できなくなったので、連絡遅れました。すいません。
高橋さんのコンペの続きですが、翌日はミスが響き、結果3位。

widaworld.jpg


ちなみに、初日のヨーロピアンのスコアは、ジャッジ4人までまったくのスプリットデシジョンでタイ、残り1人のジャッジで1位と2位がわかれ、惜しくも2位でした。

widaeuro.jpg


さて、その後はケルン、ザンクトゴアール、オーバーヴェーゼル、フランクフルトと移動してきました。
ライン川下りが天気が良くて最高でした。
船の上でソーセージつまみにビール、時期的にもまだ空いていてくつろげました。

ドイツ終盤は怒涛の買い物ツアーに。
RIMOWA
BREE
BIRKENSTOCK
BAR(ベアー)
KENNEL UND SCHMENGER
などのドイツ製品をここぞとばかりにお買い上げ。

やっぱりドイツは靴ですねえ。
XX足購入。

SENNHEISERのヘッドフォンも買おうと思っていたけど、日本の方が安くてショック・・。

食べ物は旬の白アスパラガスを中心に、いろんな店で美味しくいただけました。
明日からまた頑張ります。

投稿者 Taka : 08:20 PM | コメント (1)

June 22, 2008

アイルランドから帰って来ました。

火曜日にアイルランドから帰って来ました。
アイルランドからイギリスの便が遅れて、1日イギリス滞在する羽目になりましたが、無事戻って来ました。

アイルランドでは結構忙しく毎日終わってしまいました。
今回の渡航目的はは生徒の一人が大学院でのダンスパフォーマンス科に進みたいということで、それに便乗していってきました。
約1年がかりで試験に向けて準備をしてきたわけですが、良く頑張ったと思います。
結果はダンスパフォーマンス試験合格でした。
久々に感動。
後で、インタビューして皆にも紹介できたらいいなと思います。

という訳で、自分のパフォーマンスはほとんど無く、現地でも直前指導や他の先生の紹介、その他でほとんど終わってしまったわけですが、あまり体を動かさないのも辛いので、トランポリンで遊んでいました。
何とお世話になった先生の家の庭にトランポリンがあるんですよ~。
バランス鍛えるのに良いなあと思いました。
欲しいけど、日本じゃ無理だなぁ。

Ireland.jpg

さて、またダンスクラス始まってるので、心機一転頑張ります。

投稿者 Taka : 06:31 AM | コメント (3)

May 10, 2007

体調回復&ダンスユニット&発表会

3週間程前から原因不明だった左手の痺れがようやくなくなってきてほっとした。
握力が低下してしまって、右の3分の1程になってしまったのだが、ようやく物がつかめるようになってきた。
痺れが回復してくると同時にまた古傷のふくらはぎの肉離れを先週起こしてしまったのだが、今回は軽症で4日ほどでくっついてくれたようで、ひとまずほっとしている。
無理はきかないけど、まだまだ走らねば・・・・

さて、メルマガのインタビューにも出しているので、少し公にすると、来年第一四半期に向けて日本人ダンサーによるアイリッシュダンスを中心としたダンスユニットを作っていく予定。
これから少しづつブログでも情報を出していこうと思う。

とりあえずもうひとつ、Taka Hayashi Irish Dance Academyの第一回発表会を来年2008年1月13日にやることに決めました。
構想としては、この発表会で新結成ダンスユニットがゲスト出演という形で数曲お披露目をする予定。
また、この発表会で、一応Academyとして約2年でどの程度アイリッシュダンスができるようになるのかという線もわかってくるのではないかと思う。

ダンスユニット正式デビューは3月のセントパトリックスデー近辺でという形になるのではないかと。
ひょっとすると、アイルランドで先にデビューしてから日本に逆輸入という線も・・・
いずれにしても、本気で行きますので、応援よろしくお願いします!

投稿者 Taka : 12:51 PM | コメント (2)

April 12, 2007

元リバーダンス主役ダンサー、ロシーン・カハラン来日ワークショップ決定

ここのところすっかりとブログ更新してなくてすみません。
最近では4月3日に坂本サトルさんバースデーライブにゲストで呼ばれて、ロックミュージックに合わせて
ダンスしたり、面白いこともやってます。
今年はいよいよ作品作りに入ろうと思います。
アイリッシュダンスの技術を活かしてもうちょっと先の方へと。
ダンサーで我こそはと思う方、オーディションしますので、コンタクト先までご連絡下さい。
アイリッシュダンサーでなくても、バレエ、タップダンス経験者なら可能性あります。

さて、タイトルのワークショップ日程が決まりました。
5月26日~6月3日(1日を除く毎日)
5月26日(土)午後~夕方にかけて2時間のレッスンを2回
5月27日(日)午後~夕方にかけて2時間のレッスンを2回
5月28日(月)19:45~21:45
5月29日(火)19:45~21:45
5月30日(水)19:45~21:45
5月31日(木)19:45~21:45
6月2日(土)午後~夕方にかけて2時間のレッスンを2回
6月3日(日)午後~夕方にかけて2時間のレッスンを2回

現在、内容等については詳細打ち合わせ中です。
こんなことを教えてほしいという希望がありましたら、Contact先までご連絡下さい。
あくまで要望ですので、全てがかなえられるわけではありませんが、参考にさせていただきます。
各クラスの募集人数については、個々に目が行き届くよう、10人までの少人数クラスにする予定です。
以下、ロシーンのプロフィールです。

ロシーン・カハラン(元リバーダンス主役ダンサー・TCRG)
3歳よりNolanスクール、Dal gCaisスクールでトレーニングを受けたロシーンは、競技生活の中で5回アイルランドマンスター州チャンピオンを獲得、そして、全アイルランド、全イングランド、世界選手権において
全て3位以上にランクされ、世界選手権での最高位は2位であった。
ロシーンは1996年にロンドンで行われたリバーダンスでメンバーに加わり、1年以内に主役ダンサーの代役に昇格し、1997年9月に初めて主役を演じた。
その後、2004年までヨーロッパを中心に回るAvocaの主役ダンサーとして、4大陸およそ40カ国を周り喝采を浴びた。
リバーダンスで活動中にも、さまざまな国籍や年齢の人達へのダンスワークショップ、指導を行ったロシーンは2004年に故郷のリムリックへ戻り、ダンス教室を開くと同時に、リムリック大学の音楽・ダンス学部においてダンス指導も行っている。
現在はリムリック大学において理学療法を学び、ダンスにおいては、競技の審査員の資格取得を目指し研鑽している。

投稿者 Taka : 05:20 PM | コメント (0)

January 04, 2007

今年もよろしくお願いします。

遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。

昨年は蝉の幼虫のように土の中でもぞもぞともがきつつ、今年もまだもしかしたら土の中?
でも、もしかしたらいきなり成虫になってしまうかも知れない期待感もありつつ・・・
ともかく、信じたことを何事にも惑わされず突き進んで形にしていきたいと思います。

投稿者 Taka : 09:01 PM | コメント (1)

November 18, 2006

Google Earthの可能性

Google Earth(http://earth.google.co.jp/index.html)を遅ればせながら使ってみた。

感想・・・いよいよ来るかも

20年位前、まだPC8801とか9801とかが全盛だったころ、用はPCが各メーカーで全く互換性が無かったころ、漠然と考えていたことが今実現しかけてきている。
当時は描画が非常に悪くて、というよりも全てN88ベーシック等のコマンドや、マシン語操作で、今のようにわかりやすいアイコン等のGUIが無く、ハードディスクとかいう概念も無くて、でかいFDDやテープ!を使ってプログラムを起動していたそんな時代。
そんな時、将来はきっと世界中を動き回らなくても旅できるものが作られると思っていた。
人間の体に座標位置を取得するためのスーツを着用して、パソコンの電源を入れて行きたいところを選んで、でかいモニターの中に自分が入り込むこと。
まさに、今のGoogleEarthが20年前に自分が思っていたことの一部を表現してきている。
このGoogleEarthが、イメージしていたインターフェースそのものだった。

今は衛星からの2次元なものだけど、きっと3次元になってくるはず。
そして、うまく座標をとることができたら・・・
今は液晶画面だけど、そのうち空中に投影できるものができたら完璧。
なんとなくそんなことを思い出しながら、昔を懐かしむ。

投稿者 Taka : 01:40 AM | コメント (0)

October 01, 2006

もうやんカレー

日曜日のレッスン後、帰宅途中にいつも行列のできている気になっていたお店があったのだが、
今日は初めてそこに入った。

それは、もうやんカレーなるお店。
とりあえず、定番のビーフカレーを注文。
辛さは0~20まで選べて、盛りも選べるのだが、辛さは3を指定。
そして、興味本位のメガトン盛りを注文!
侮っていたけど、かなりのボリュームでした・・・。
しかし時間をかけつつも完食!
とりあえず、お腹すいた時に誰かチャレンジしてみてください~。
mouyan.jpg


さて、これから今日は凱旋門賞をTV観戦。
ここまで84回の歴史で欧州以外の調教馬が勝ったことのない大舞台で、非常に厳しい戦いでは
あるのですが、今年は更に他にも強い馬が集い、最高の舞台が整っています。
相手が強ければ強いほど、勝利の価値は大きいくなりますからね。
ここまでディープインパクトに関わってきた方たちは、まさに人生の冥利に尽きると思っているのではないでしょうか。
人事尽くしてあとは天命を待つ。
馬へもそうですが、関係者の方々も良い結果が出るように祈ってます。

投稿者 Taka : 10:43 PM | コメント (4)

September 10, 2006

結婚式2次会にて

久々の更新。
今日はダンスクラスの生徒さんの結婚式の2次会に出席した。
2人ともアイリッシュダンスをやっているので、それでは何かパフォーマンスしましょうということで、
Riverdanceの曲を使って、新郎、新婦さん共に一緒にやることになった。
結局、新婦さんの体調が良くなかったので、新郎さんと一緒に6人でのパフォーマンスとなった。

本来ダンスは、冠婚葬祭の時に踊られるものでもあるから、こういう機会は本来のダンスの楽しみを
思い出させてくれる。
リハーサルも決して十分とはいえなかったけれど、皆も頑張って、結果楽しかっただろうなと
思いつつ、2人に心から祝福。
これからも2人で末永く趣味のダンスを楽しんで行ってもらえたら素晴らしいなあと思います。

肝心の自分のパフォーマンスはというと、ツルっと行きそうになり、あちゃぁと思いつつも、まあ、これもライブならではということで、次回また反省点生かしてより良くしていければいいかなと。
今日はおめでたいし、みんなの頑張りにも感謝。

投稿者 Taka : 01:20 AM | コメント (4)

August 05, 2006

コンテンポラリ・バレエ観賞

服部有吉さんをはじめとするハンブルクバレエ団の方5名と首藤康之さんのコラボレーション、hs06を観に行った。
S席だけど、ぎりぎりになって取ったので、席はかなーり後ろの方で、あんまり期待も薄かったのだが、
これがなかなか見れる席だった。
もちろん前のほうに行けばもっと筋肉の動きとか見えるんだけど、致し方ない。

1幕はコンテンポラリーダンス、フリーなスタイルのダンスで、見るほうにとってはかなり疲れるタイプのダンスである。
今まで、コンテンポラリーというダンスを何度も見る機会があったのだが、そういった中には全くもって意図していることがわからなかったり、美的センスを感じなかったりするのも数多くあった。
もちろん、きちんとトレーニングを受けているダンサーは、例えばグラハムのテクニックをベースにするなど、ダンスの動きがクリアであるので、そういうものは僕の中ではわかりやすい部類に入る。
ただ、僕自身は評論家でもないので、コンテンポラリーに関しては概して難しすぎて良くわからないというのが現状であり、脳味噌を絞って観たあげく、疲れただけで何もわからないということが多い。

さて、話を戻すと1幕目はロボットを動きにしたテーマである。
ロボットの動きというのは目新しいものではないのだけれども、動きのメリハリを感じるには非常にわかりやすい。
そこに感情を入れるとなるとその表現をいかに抽象的にあらわすかがポイントとなる。
その動きからどう捕らえるかは個人の自由な判断として、やはりダンスとしてのテクニック的な面で言えば、これはもう素晴らしかった。
17列目という遠くからでもわかるくらいハッキリした動き。
顔の表情までは見えなかったけど、筋肉の動きは見えました。
久しぶりに良いものを観たなあという感じ。
服部さんはダンスの動きもそうですが、演出・振付師としても光るものがありますね。
そして2幕目は、セロ弾きのゴーシュを題材。
こちらは完全にストーリーがあり、抽象性はダンスそのもの以外はなし。
バレエを中心にコンテンポラリーダンスがそれを損なわない程度にミックス。
こちらも面白かった。
1幕2幕でテイストが全然違うのですが、どちらも面白かったなあ。

こういうのを観ると、俄然やる気が出ると言うか、いつまでたっても勉強することは山ほどあるなあと思うし、作品作りのヒントにもなる。
一歩一歩前進あるのみ。

投稿者 Taka : 12:54 AM | コメント (0)

August 03, 2006

ボクシングVTR観戦

今日は自主練に顔出して、少し汗を流した後、家に帰ってきてボクシングVTR観戦。
話題になっていたので、前にもTVで見たのだが、その時は急所を殴って相手が倒れたところ
審判が止めてKO勝ちだった。
今回は1階級落として、対戦相手は1階級上げて、その階級の1位と2位が戦うチャンピオン不在のタイトルマッチだが、まずどうして階級落としていきなり2位になれるのか、そのシステムがピンと来ない。
まあ、今回はマスコミ含め、利権が凄いから、判定になれば商品価値を落とすことはありえないと思いつつ、試合をみた。

結果は・・・12R判定勝ちだった。
本来ならば日本人王者誕生!と心から祝福したいのではあるが・・。
でも、彼がしてきた努力と心が凄いのは十分わかった。
ただ、それだけに戦績がお金にまみれて、作られてきてしまったのだろうと思うと、その努力が凄ければ凄いほどかわいそうになってしまう。
王者?になるには、まだ時期尚早だったように思う。

12戦全勝10KOって、どれ位凄いんだろうか?
なぜ今まで自分が戦っていた階級でタイトル挑戦しない?
圧倒的に強い強者と立ち向かわないのは、商品価値が落ちるからなのかもしれない。
それに今日の試合が勝ちになるのも疑問符がつく。
ボクシングの世界チャンピオンって・・・。

正直、僕も分野は違うけどアイルランドで競技をしてきて、それこそ勝利もあったが大惨敗もあった。
でも出る大会を選んで、対戦相手のレベルを落とすようなことは一切しなかった。
だから、大会も何連勝なんてことはありえない。
最初の頃なんて、どう考えても勝ち目がないような大会に出ざるを得ず、ボクシングで例えるならKO負け必死だが、何とか1発パンチあててこい位の勢い。
まさにかませ犬。
そんな中から対戦相手の優れているところを肌で吸収して、現状の自分の持ち味、欠点を知り、時間をかけて究極像を目指し、近づいて来て今に至っているわけです。
もちろん戦いの場も全てアウェーですから、良い大会で勝つにはボクシングで言うならば、KO勝ちしかないわけです。

まあ、ボクシングは勝ち負けが全てという世界であるから、そんな悠長なことは言っていられないのと、
やっぱり戦績が派手じゃないとマッチメークもしずらいからなんでしょうね。
でもボクシング界ってそんなんでいいのかな?
注目集めただけに、ボクシングは茶番だということにならなければいいのだけど。

投稿者 Taka : 02:59 AM | コメント (4)

June 12, 2006

やっちまいました

土曜日のクラス中、ふくらはぎブチッとやっちまいました。
先週のクラスの時に、反対の足に兆候があって、それをカバーしてやってたんですが、その積み重なりもあったのでしょう。土曜日クラスの方、迷惑おかけしましてすみません。

とりあえず、4週間は安静にとのことで、6月17日の坂本サトルさんとバンドメンバーの人達とのコラボレーションもお流れに・・。
アイリッシュダンスとは全く無縁の、若い人達に是非見てもらいたかった。
楽曲の良さもあり、かなり良いものになりそうだった予感があっただけに痛い。
ステージに穴あけてしまい、申し訳ないやら情けないやら。。。

そしてクラスも来期は全く見通したたずで、キャンセルさせていただくことになると思います。
ただ、今期クラスは、残り1~2回なので、復習とベーシックを行うクラスにして、こなそうと思います。

来期クラスの再スケジュールにしても、タイトに行き過ぎると完治しない可能性もあるので、
来期分は丸々お休みさせていただくことになるかもしれません。
クラスお申し込みの方、本当に申し訳ございません。
お申し込みのあった方には、メールでご連絡差し上げますので、少々お待ちいただきたいと思います。

投稿者 Taka : 01:26 PM | コメント (6)

April 04, 2006

第1期アイリッシュダンスクラス終了

2月から始まったクラス、今日で終了しました。
次期はまた今回の経験を生かし、より良いクラスにして行こうと思います。

実は、ここ2週間程体調が思わしくなく、(それでもクラスはきちんとこなしましたが)クラス募集の谷間はしっかり休ませていただこうと思います。
思えばここのところ、プライベートレッスンやリハーサル、グループレッスンなどで10時~22時という日もザラだったので、少し休息も必要かと。まあ特に弱気というわけでもないんですが、体は資本ですので・・。

7日~17日までアイルランドに行く予定でしたが、それもぎりぎりまで考えて結論出そうと思ってます。
ま、こんなこと書いてるんなら、すぐ寝ろ!という声も聞こえてきそうなので、もう寝ます。zzz

投稿者 Taka : 02:18 AM | コメント (4)

January 01, 2006

新年明けましておめでとうございます

Nenga2006sn.jpg

2006年になりました。
今年は5年ぶりに日本でお正月を迎えることになりました。

ヨーロッパではクリスマスの行事が大きくて、年末や年始は休みも殆どないので
あまり普段と生活が変わらなかった(=ダンスづけ)んですが、日本ではずっぽりと正月モードに嵌っています。
まあ、そんな中でも今年の目指す方向を考えたりしてます。

まずやるべきことは、オフ開けに再度体作り、もう一度競技でやっていた頃のベストに戻すこと、そしてダンスのトレーニングはまあ当たり前のこととして、クラスもやっていくのでその方向性など固めていくこと。
そしてきちんと法人化すること。

一アーティストとして、ダンスではいろいろなジャンルのアーティストとコラボレーションしていきたい。
そしてダンスに限らず、いろいろな分野で活躍しているが、そんなに世間には知られていない人達との座談会もやりたい。
本も書きたい。
なんだか際限なくやりたいことが出てくるので、この辺にしておこう。

依然としてダンスの比重は高いものの、ダンスオンリーでは無くなる可能性が高い、そういう年かな、今年は。
新たに挑戦の年。

皆さんにとっても素晴らしい1年になりますように。

投稿者 Taka : 02:50 AM | コメント (2)

December 26, 2005

日本でリラックス

最近では、ANUNAのライブを聴きに行ったり、有馬記念でディープインパクトの敗戦にがっかりしたり、全日本フィギュアスケート選手権をTVで観たり。
フィギュアスケートは新星の浅田選手、初めてTVで見たんですが、体の線が細くジャンプがとてもきれいに見えますね。今後成長と共に体型が変わってきて、どうなっていくのか、そのあたり注目かなあと感じます。アイリッシュダンスの競技もテクニック的には大体14歳位で一時完成の域に達して、そこから体型が変わってきて、ダイナミックさとか、優雅さとか変化の必要を迫られるんで、なんとなく似てるなと思って観ていました。
ANUNAは、野外ステージでとっても寒そう。あそこで歌わないといけないのは相当大変そうでした。。。
来年来るかなあ。
まあ、そんなこんなでクリスマスも終わってしまいました。
あと少し充電して、また次のステージへ上っていこうと思います。

投稿者 Taka : 09:10 PM | コメント (1)

November 29, 2005

台北到着

台北にやってきました。
リバーダンスの広告もちらほら見えてます。
中国語訳では「大河之舞」となってますね。

今日は台北をぶらぶらしてましたが、英語が通じないですねぇ。
ホテルの人はもちろん通じますけど、もう町の屋台とかの人となると会話不能。
とりあえず、指指してVサイン、2個!みたいな感じのボディランゲージ。(笑)
タクシーでも、英語名でホテル言っても通じないので、ガイドブック見ながら、~ファンティエンとか言って、通じました!!

今日は歩きながら屋台転々と、包とか餃子とか食べましたが、安いけど美味かった。
メニューは全て漢字だから、とりあえずほぼ何が原料で、どう調理されてるかがわかるから助かる!
今度はきちんとしたお店も行ってみて、食べ比べてみよう。

後は台北の秋葉原みたいなところに行って、ぶらぶら。
DVD、大河之舞もセールで売られてました。
NY盤のDVDと軌跡の2枚組みセットで199元。(約700円、激安!)
そして、リバーダンス以外のアイリッシュダンス舞台のDVDも結構売られててびっくり。
台湾、意外と人気あるのかな?

夜はダンサー達と夜市へ。
ダンサー達は食べ物のほうには全く近寄らないので、ちょっとつまらなかった・・。
反応から言って、食事は彼ら苦しそうかも。

投稿者 Taka : 12:12 AM | コメント (3)

November 14, 2005

久々のオフ

久々のオフということで、今日は整体マッサージ、温泉、足つぼ、と体のメンテナンスに時間を使う。
なかなか良くなってきた!とまず思い込むことが大事で、多分それが治癒力とも関わってくるんだろう。
ダンスも出来ると思い込んだから、出来たようなものだし。(笑)
明日から名古屋公演だけど、夜まで時間あるので、明日も温泉行ってこよう。
明日からまた全開で行けますように。

投稿者 Taka : 11:12 PM | コメント (0)

October 18, 2005

オフ

月曜日は東京公演の谷間で、オフでした。
久しぶりに実家に帰ろうかなぁと思っていたところ、急に携帯が電源入らなくなってしまったので、急遽ドコモショップへ。

対応も良いし、待合スペースにはマッサージチェアがあったりで、アイルランドとはカスタマーサービスが全然違うなと思いつつ、故障診断をお願いした。

20分位ですと言われて、マッサージチェアなどで寛いでいたのだが、流石に2時間経っても何も返事が来ないと、いくらアイルランドのルーズさに慣れているといってもおかしいのではないかと思い始める。

状況がどんな具合か尋ねると、電源が入らない理由がわからず、内部の精密部品がおかしいのではないかということで、その場で新しいものと交換することになった。
ただし、SDカードに保存してなかった電話帳や台湾ツアー終了までのスケジュールも全てそっくりなくなってしまった。;_;

今まで1件1件携帯で入力して登録したので、帰りに携快電話12を買っていくつかスケジュールを再登録。
それでもスケジュールのカット&ペーストできないのはやっぱり辛いなあ。

夜はそのまま近くのウナギやに食べに行ったが、その後他のダンサーとも軽く食べに行くことに。
外国人は注文の時にいろいろトッピングとか、入ってるもの減らすとか当たり前なんで結構大変。
ウェイトレスはその度に可能かどうか確認しに行ってました。
無理言っちゃってごめんって感じです。
お店によっては出来ませんとか言われることも結構ありますが、そうなるとリピートで連れて行きにくくなりますね。
料理はとても美味しかったです。

投稿者 Taka : 02:55 PM | コメント (1)

October 06, 2005

心に響く言葉

2001年11月にアイルランドに来た時、僕は独りだった。
知人もおらず、英語もわからず、ダンスもできず、あるのは夢だけ。
本当にゼロからのスタート、砂漠の中でオアシスはどこにあるのか探していた。

ShaneRyanは紛れも無く、そのオアシスの一つだった。
元世界チャンピオンダンサーの彼と、2003年1月に知り合うことができ、3ヵ月後にコークという都市から、彼の住んでいるリムリックという都市に移った。
そこから毎週2日間ダブリンでの個人レッスン、3日間リムリックでの個人レッスンという日々が続くことになったのだが、その時以来、Ryanファミリーには大変お世話になっているというか、もう家族同様のホスピタリティを受けてきた。

競技を始めたばかりの当時、Shaneの弟Eoinもアイリッシュダンスをやっていた。彼もマンスター州チャンピオンダンサーであった。
その弟と僕ともう一人の女の子(マンスター州2位)の3人でレッスンを受ける時もあった。
場所は彼の家のガレージである。
冬はとてつもなく寒くて、湯気が体から立ち上るのが見える。
ちなみに、Galleryに掲載している動画を撮った場所もそこである。
鏡も無い、ダンススタジオとはかけ離れたこの場所。
ダンスをする度に怒鳴られ、感覚でテクニックを身につけてきたこの場所。
レッスンが無い時間も、片道10kmの決して舗装が行き届いているとは言えない道を自転車で通い、練習してきたこの場所。

今日そのRyanファミリーみんな集まって、食事会を外で開いてくれた。
アイルランドでは何か特別なときに外食する。
僕の送迎会だ。
でも僕はまだアイルランドを離れる実感がなくて・・。
未だにその場所に毎日行ける気がして。
最後の最後まで別れの挨拶ができなくて。

そしてもらったプレゼントと添えられたメッセージカード。
ここアイルランドでも、もう独りではないんだなぁ。
言葉が心に沁みる夜。

投稿者 Taka : 09:28 AM | コメント (0)